社会課題の3つのタイプとその特徴とは?

分類

社会問題を挙げていくといくつも例を挙げられそうですが、社会問題もいくつかに分類できます。今回は、2つの軸で「単純な社会問題」「込み入った社会問題」「複雑な社会問題」の3つに分類することで社会問題の難しさやどのようにアプローチすればいいかを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

社会問題の3つのタイプ

具体的な社会問題を取り上げれば人によってたくさんの事例が上がりそうですが、大まかに分ければ、主に「単純な問題」「込み入った問題」「複雑な問題」の3つに分類できます。この分類は、「原因が分かっているかどうか」、「解決策が分かっているかどうか」に2つの軸で分類できます。

原因もはっきりしていて、解決策もわかっている問題は「単純な問題」、原因はある程度わかっているが、解決策がはっきりしていない問題を「込み入った問題」、原因も解決策も曖昧な問題を「複雑な問題」としています。原因が曖昧なのに解決策がはっきりしていることは考え難いので、今回は除外しています。

社会問題の分類

Simple problems(単純な問題)

原因と結果が分かりやすい問題で、対処が比較的簡単なものです。因果関係が単純なので、いろいろなところで話題になる社会問題では、このタイプの問題はむしろレアなものだといえるかもしれません。

単純な問題は、対処がやりやすいので、例えば、政府や行政、ソーシャルセクターといった単体の組織や個人や家族といった人たちでも対処が可能だと言えます。とはいえ、このようなシンプルな問題は現代社会ではかなり稀だと言えるでしょう。

Complicated problems(込み入った問題)

原因と結果の関係が分かってはいるものの、その対処に関してはより経験やスキルが必要な問題です。因果関係が分かっているので、何とか取り組もうとするものの、技術的な点や感情的な点のせいでなかなかうまく進まないといった展開が多い問題です。

原因が分かっているので、対処の仕方や解決策の考案は可能です。しかし、込み入っている分専門性が求められるケースが多くなってきます。ソーシャルワーカーなどのような専門家や専門機関が力を発揮するのはこのような問題だと言えます。

Complex problems(複雑な問題)

因果関係が難解で様々な要素から構成されているような、対処が難しい問題です。様々な要素が幾重にも重なりあって、結果として生まれてしまうので、どこから手を付ければいいのかさえはっきりしないことの多いものです。

例えば、地球温暖化や子供の貧困問題などといった社会問題は、とても複雑な問題として有名です。複雑故に、何かの策を打ったとしても関わりあっている他の要因によってあまり成果が上がらないといったこともよく言われます。現代社会の社会問題の多くは、このような複雑な問題が多いと言えます。

複雑な課題の解決にはたくさんの障害がある

ところで、込み入ったcomplicated(込み入った)とcomplex(複雑な)の違いはなんでしょうか?これはニュアンスの話になりますが、complicatedは物事が過剰になっていて変数が多くなっているような様子で、complexは過剰というよりも色々なものが組み合わさっている感じが全面に出ているようです。complexは変数の多さのみならず、それらが絡み合って一体になっているような様子ですね。

このように考えると、complexな社会問題はかなり厄介だということがわかります。多くの要素が絡み合っていることで、そこに一つのシステムのようなものが出来上がってしまい、どこか一つに手を加えても、全体までは変わらないといった状況に陥ります。

より多くのプレイヤーがシステマティックに力を合わせる

そんな中で、いくつかのコンセプトが注目を集めるようになってきました。その中の一つが「コレクティブインパクト」です。これは多様な主体が有機的に連携し、強みや弱みを組み合わせることで複雑な社会問題であっても一体となって解決に向かっていこうという考え方です。またこの考え方をするための便利なツールとして「システム思考」というものも登場しました。今後、複雑な問題をシステムごと革新していくことが課題になっていくと思います。

まとめ

今回は、社会問題のタイプ分けについて考えてみました。現代社会では単純な問題はむしろ少なく、どんどん込み入った問題や複雑な問題が生まれています。込み入った問題はこれまで高い専門性を持ったソーシャルワーカーなどが活躍し、一定の成果を上げていました。しかし、複雑な問題が多くなってくると、多くの主体が連携して取り掛かる必要がでてきます。今の社会に求められていることは複雑な社会問題にどのように取り組むべきかということではないでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク